理研化学工業株式会社

会社沿革

昭和15年 小湊潔(初代社長・農学博士)日生化学研究所設立。
にんにくの無臭有効成分“スコルヂニン”を発見し、
医薬品「オキソレヂン」を発売。
昭和18年 業務発展の為、理研グループの理研栄養薬品(株)に合併し、その京都工場となり工場長として製造と研究に従事する。
昭和25年 理研グループ、集中排除法により解散となる。
昭和26年 理研化学工業(株)を京都市上京区に設立。
昭和28年 本社を上京区より左京区に移転。
本社工場を京都市伏見区の現在地に設置し、医薬品の製造及び新製品のテスト工場として、操業開始。
昭和29年 関東以北を主とする販売会社として理研化学商事(株)を設立。
昭和30年  玉葱の生産地である兵庫県淡路島西淡町に淡路第一工場を設置し、オニオン・ガーリックを はじめ、カロット・セロリー・ジンジャーのパウダー等を製造。
昭和34年 パウダーに次いで、オニオン・ガーリックのエキス及びエッセンシャルオイルの研究が実り、これらの発売により香辛料調味料界に革新をもたらし、中小企業庁長官より優秀企業として表彰を受く。
昭和35年 兵庫県三原郡農協の勧誘より淡路第二工場を設置しパウダー・エキス等の製造工場となし、同業者の注目を集める。
昭和36年 京都市伏見区の本社工場同地にて営業活動全般を行い、本社営業本部とする。
昭和40年 業務拡大に伴い本社社屋を新増築し、11月に落成する。
昭和41年 開発と工場を目指し総合研究所を本社工場地に新増築し、九月に落成する。又原料薬としてオキソアミヂン末を新発売する。
昭和42年 ニューヨークに於ける第三回国際発明展に於いて偉大なる成果に対し、銀賞を授与される。
昭和45年 原薬としてリケン人参エキスなどを新発売する。
昭和48年 バラの香りの浴用材のサンチベル<ブーケ>を新発売し、又原薬としてリケン人参乾燥エキスも新発売する。
昭和51年 製造の集中、合理化を図り、淡路の2工場を合併し、淡路工場となす。
昭和56年 北海道に工場を設置し特にオニオン製品の需要増に対処する。
昭和63年 淡路工場のリニューアルを実施。
平成7年 淡路工場にて自動システムによる自動倉庫完成する。
平成8年 業務拡大に伴い本社ビルを新築する。
平成18年 創立55周年を迎える。
→このページをpdfファイルで開く。